夜になるにつれて盛り上がる海鮮屋台

2019-10

夜になるにつれて盛り上がる海鮮屋台

文|陳靜宜

©王士豪

©林韋言

夜になると、路上の海産屋台は防水シートを広げて、折りたたみテーブルと椅子を設置しはじめる。屋台の冷蔵ショーケースのランプは綺麗に光り、夜が幕開けする。その中に陳列された魚は、半身が砕いた氷に埋められていて、ピンと伸びてる姿はまるで踊っているようだ。隣に立つオーナーとお客さんの注文のやりとりもワルツのように交じり合う。それは台湾の街中で、どこでも見かける海鮮ナイトクラブだ。

Taipei 台北駅

小張龜山島海鮮


Nangang 南港駅

珍如意海鮮大哥店


Chiayi 嘉義駅

樺榮海鮮餐廳


Tainan 台南駅

次郎海鮮